無料査定 宅配買取依頼 ご質問・お問い合わせ

G-SHOCKの高価買取・宅配買取ならお任せください

運営会社情報サイトマップ
適正価格で買取保証 宅配買取全国OK! 大阪府下店頭買取可 無料査定 宅配買取依頼 相談などお気軽にお電話ください
MENU

G-SHOCK バイヤーのブログ

G-SHOCK好き必見!

G-BRIDGES(ジーブリッジズ)って?

ジーブリッジズとは

G-BRIDGES(ジーブリッジズ)の名前の由来

お売りいただいたGショックを、次の持ち主へつなぐ橋渡し。買い取りと中古品販売のどちらも対応できる当店だからこそできる使命だと思っています。だから店名は「G-BRIDGES(ジーブリッジズ)」にしました。当店のGショック好きバイヤーBRIDGES(ブリッジズ)たちが、責任を持ってあなたのG-SHOCKをお繋ぎします。

目指したのはGショック好きのための買い取り専門サイト

コレクションの整理など、G-SHOCKの買い取りを希望する方の事情は様々ですが、愛着を持っていたであろうGショックを「売ってお金にして、それで終わり」にして欲しくなかったのです。だから、ここで売ってよかったな。ここになら売ってもいいかな。そう思って頂けるようなGショック買取専門店を目指しています。

お客様の大切なGショックを扱うBRIDGES(ブリッジズ)たちは、Gショック好きが集結しました。元々古着屋での経験を活かしたファッションとしてのG-SHOCKに詳しいスタッフや、このサイトを通じてGショックの魅力にとりつかれたスタッフなど、多数のGショック好きが、お客様の売却をサポートいたします。

Gショックを売るための便利なサービス

自宅にいながら売却ができる宅配買取サービスでは、無料の梱包セットをご用意しております。ご希望の方全員に、大切なGショックを守るために精密機械専用のボックスを無料でご送付し、梱包いただいた後は配達員がご自宅まで集荷に伺います。

また、買取価格をオンラインで事前に検索できるGショック買取価格データベースも無料でご利用可能。型番などからカンタンに買取価格を知ることができます。検索結果に出てこないGショックや価格が表示されないモデルももちろん買い取り可能です。

買い取り価格は下がってしまいますが、箱なし・キズあり・ベルトのみなどコンディションの良くないものの買い取りも可能です。お気軽にご相談ください。

CASIO G-SHOCKの歴史

G-SHOCKのGってなに?

今でこそほとんどの方が名前を知っているG-SHOCK。誕生はなんと1983年。ご存知のように日本を代表する精密機器のトップメーカーであるCASIOが「タフ」をキーワードに作り上げた時計ブランドです。いわゆる「トリプル10(落下強度10m、防水性能10m、電池寿命10年)」を目標に開発されており、すべてのG-SHOCKがこの性能をクリアしています。

G-SHOCKのGはGravity(重力)の意味で、これは開発の際に「落としても壊れない丈夫さ」を追求し、実際に何度も落下実験を行いながら試行錯誤してきたことによる。アメリカへの輸出の際には「アイスホッケーのパック代わりにしても壊れない」というキャッチフレーズの元、実際にプロのホッケー選手がシュートしてみせたり、トラックで轢いてみたり、様々な方法でタフさの実証が行われました。

初代G-SHOCK

初代G-SHOCKは1983年のDW-5000C。今でも定番や代表格として人気の5000系角型モデルで、その他同じ角形の5600系や丸型の5700系などと合わせてORIGINとカテゴライズされています。

翌年1984年には−30°の極寒の地でも耐えうる耐低温仕様モデルWW-5300Cが発売。さらに翌年の1985年にはトリプル10に加え防塵・防泥機能をプラスしたMUD RESISTの初期モデルDW-5500Cが発売されるなど、G-SHOCKはさらなるタフさを求めて進化を続けます。

初代G-SHOCK

G-SHOCK30周年

G-SHOCKは2013年に30周年を迎えました。10・20周年の時と同様に、30周年記念モデルが続々とリリースされ、今でもプレミアがつくモデルばかりです。