ユーザー登録はこちらログイン
無料査定 宅配買取依頼 ご質問・お問い合わせ

G-SHOCKの高価買取・宅配買取ならお任せください

運営会社情報サイトマップ
適正価格で買取保証 宅配買取全国OK! 大阪府下店頭買取可 無料査定 宅配買取依頼 相談などお気軽にお電話ください
MENU

G-BLOG G-SHOCKバイヤーズブログ

HOME > G-SHOCKブログ > HYSTERIC GLAMOUR 2019

HYSTERIC GLAMOUR 2019

あなたがお持ちの、HYSTERIC GLAMOUR 2019を高価買取させてください!

今回の注目商品は、カリスマお洒落ブランド「ヒステリック・グラマー」とのコラボモデルです。

HYSTERIC GLAMOUR実店舗、そしてオンラインストアで

2019年に限定販売された本作。

6900をベースに深めのネイビーとオレンジのコンビが実にクールですね。

 

早速、買取専門 G-BRIDGESと一緒に確認していきましょう。

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

【G-SHOCK】

・モデル名: HYSTERIC GLAMOUR 2019

・型番: DW-6900

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

記事内容です。

================

<コンテンツ>

HYSTERIC GLAMOUR 2019

[DW-6900]

 

コラボ企画の目的

リセールバリュー

特別なタッグ

ヒステリックグラマー

HYSTERIC GLAMOUR 2019「DW-6900」

================

 

コラボ企画の目的

この世の中、様々なコラボレーションが溢れていますよね。

あなたも、少なからぬコラボ商品を実際に所有していることでしょう。

 

ところで、そもそもどうしてコラボ企画は生まれるのでしょうか?

 

答えは一つではありませんが、一般的には

「コラボ相手のファン層を、自社に誘因できるから」

「通常の広告や商品発表よりもコスト効率が良いから」

などと言われます。

 

そして忘れてはならないのが、

「ブランドをより進化させるため」

この視点ですね。

 

G-SHOCKが生み出してきた数々のコラボモデルも、

自身のブランドの活性、進化のためというのが

大きいのではないでしょうか?

 

 

リセールバリュー

「究極のタフネス」「ファッション」「スポーツ」「ストリート」

「ダンス」「ミュージック」「アウトドア」、などなど

G-SHOCKのブランドイメージが一つではない理由も

積極的なコラボ展開から来ていると感じます。

 

また逆に、これほどまでに多彩なブランドイメージを構築できているからこそ、

さらに様々なファッションブランド、アーティスト、企業などから

ラブコールもあるのでしょうね。

 

ちなみに、コラボレーションモデルについては

お買取り価格でも売主様に有利です。

 

なぜなら、そもそもG-SHOCKファンのみならず

タッグを組んだコラボ相手のファン、マニアの需要も見込めるから。

時計としての実需だけでなく、コレクションとしての大きなニーズは見逃せませんね。

 

また言うまでもなく、

コラボ企画の特性上、限られた数量の限定品、

そして短い販売期間となりがちなので

希少性に引っ張られて価値も高まるのが魅力です。

 

リセールバリュー、大いに期待できそうですね。

 

 

特別なタッグ

しかしながら、世のコラボに目を向けてみると

何というか、ちょっと一緒にやってみました風の

「試しに組んでみた」的コラボも散見されます。

 

相手ブランドの名前だけを欲した安易な企画や

意味を見出せない組み合わせなど、

まったくもってニュース性がない取り組みも少なくありません。

 

それに対して、

G-SHOCKとHYSTERIC GLAMOURのタッグは、

ビッタビタにはめてきましたね。

 

ご存じの通り、ヒステリックグラマーは

音楽やアート、そしてミリタリーやワーク、

更にはサーフなども含めたカルチャーを包含したブランド。

ここまで最高のタッグは他に無いと言えるでしょう。

 

そして、両ブランドとも

ファンとの間に特別な絆というか

強固な繋がりがあるところも共通点と感じます。

 

このコラボレーション、無双です。

 

 

ヒステリックグラマー

あらためて、ヒスについて振り返ってみましょう。

 

ブランドの誕生は、1984年。

デザイナーの北村信彦氏が立ち上げたブランドですね。

 

特徴的なのは、素材にこだわりつつ

デニムやワーク、アウトドアをベースにした方向性ですね。

シルエットがキレイなところもポイントです。

 

また、ロックやアート、サーフなどのサブカル要素も

コレクションに取り入れられていて、独特なストリート系の世界観が魅力です。

 

デザイナーの北村氏は音楽に造詣が深いことで知られていて

ミュージシャンをデザインソースとした作品も目立ちますね。

トレードマークはご存じ、セクシーな美女と熊のキャラ。

お洒落なファッショニスタのアイコンになっていますよね。

 

ヒスは著名なセレブやスタイリスト、ファッション関係者にファンが多いことで有名で

プロの目から見ても採用される実力は、ここでもG-SHOCKと似たところがありますね。

 

 

■HYSTERIC GLAMOUR 2019「DW-6900」

HYSTERIC GLAMOURの実店舗、そしてオンラインストアで

2019年に限定販売された本作。

もはやコラボモデルの主役、6900をベースに

深めのネイビーとオレンジのコンビがクールですね。

オレンジのベルトに描かれたギターガール

そしてELバックライトと裏蓋のヒスガール、
ブランドアイコンがどこまでもお洒落です!

 

HYSTERIC GLAMOUR 2019「DW-6900」のお買取価格、

あなたも確かめてみませんか?

 

 

ご売却をお考えなら、ぜひ当店にお声がけ下さい。

G-SHOCK買取専門 G-BRIDGESが、高値の限界に挑戦します。

ぜひお買取させて頂きたく存じます。

 

買取比較にはG-BRIDGESの買取価格データベース。

LINE査定や電話でもお答えできます。

実店舗が3店舗あるので、大阪や近くの方は店頭買取が便利。

その他の地域の方は宅配買取がオススメです。

 

ぜひ、お売りください!

 

簡単!LINE査定LINE買取査定 査定無料!

QRコードをスキャンし、「G-BRIDGES」を友だちに追加してください。

選べる買取方法

☆店頭買取

三国ヶ丘店

所在地 大阪府堺市堺区向陵中町4丁4-4
TEL   072-246-5535
営業時間 11時~22時(買取21時まで)
定休日  年中無休

東大阪店

所在地 大阪府東大阪市古箕輪1丁目18-15
TEL   072-964-0515 / 050-3522-4006
営業時間 10時~20時(買取19時まで)
定休日  年中無休

貝塚店

所在地 大阪府貝塚市王子町1067-1
TEL   072-437-0268
営業時間 10時~20時(買取18時まで)
定休日  年中無休

☆宅配買取
お問合せ 0120-430-572(平日10:00〜17:00)
https://g-bridges.com

 

 

0
G-BRIDGES(ジーブリッジズ)

G-SHOCK買い取り専門店
G-BRIDGES(ジーブリッジズ)
http://g-bridges.com

Instagram

お持ちのコレクションを、どうしても手放さないといけなくなった時……!
G-SHOCKが大好きなスタッフのいる当店に是非お声がけください!
直営の販売店舗をもつ当店なら、責任を持ってお客様の大切なG-SHOCKを、
次のオーナー様へ繋がせていただきます!

line 電話